現代哲学

現代に入ると、これまでのギリシア哲学やデカルト、カントの思想に新たな解釈が加わり、生の哲学や実存主義、分析哲学などの潮流が生まれました。「神は死んだ」(ニーチェ)や「実存は本質に先立つ」(サルトル)といった言葉は、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。こうした20世紀の哲学は、今を生きる私たちの思想にも大きな影響を及ぼしています。

ショーペンハウアー

ショーペンハウアーは裕福な商家に生まれ、商人の見習いなどもしますが、父の死後、ゲ… Continue Reading

コメントなし

ニーチェ

ニーチェはショーペンハウアーの意志哲学の影響を多大に受け、またワーグナーの芸術に… Continue Reading

コメントなし

キルケゴール

キルケゴールは1813年、コペンハーゲンに生まれ、コペンハーゲン大学で神学と哲学… Continue Reading

コメントなし

フッサール

フッサールはオーストリアのユダヤ系の旧家に生まれました。彼は最初、数学上の論文で… Continue Reading

コメントなし

ハイデガー

ハイデガーは1889年、ドイツのメスケルヒに生まれます。ブレンダーノの『アリスト… Continue Reading

コメントなし

サルトル

サルトルは1905年、パリに生まれます。33年から給費留学生としてベルリンに滞在… Continue Reading

コメントなし

ヴィトゲンシュタイン

ヴィトゲンシュタインはオーストリアに生まれ、科学者を志します。しかしケンブリッジ… Continue Reading

コメントなし