ギリシア哲学

ギリシア哲学はソクラテス・プラトン・アリストテレスなどが活躍したアテナイのものを中心として、その前後とに区分することができます。哲学の対象は、ソクラテス以前には自然が中心でしたが、その後アテナイにおいて人間へと変化を遂げます。アリストテレス以降はコスモポリスの影響もあり、哲学は個人の平安を追求するものへと形を変えてゆきました。ギリシア哲学全体に通じる原理は「善」であり、ジルソンはこの考えを「善の優位性の思想」と呼んでいます。つまりこの時代、万有の根源は「善」として捉えられていたというわけです。

 

ソクラテス以前

ソクラテス以前の哲学は主にイオリアや南イタリアなどのギリシア周辺地域で発展しまし… Continue Reading

コメントなし

ソクラテス

デルフォイにてに「ソクラテス以上の知者はいない」との神託を受けたソクラテスは、理… Continue Reading

コメントなし

プラトン

政治家を志していたともいわれるプラトンは、哲学を彼に知らしめたソクラテスの刑死と… Continue Reading

コメントなし

アリストテレス

アリストテレスは17歳のとき、プラトンのアカデメイアに入学します。始めは学生、そ… Continue Reading

コメントなし

ヘレニズム・ローマ期

ヘレニズム時代の開花に伴い、哲学の舞台はアテナイからシリアやマケドニアといった周… Continue Reading

コメントなし