近代哲学

近代哲学の骨格を形成するのは、人間理性です。ルネサンスによって自己を主体とした思想が生まれた結果、その理性は懐疑的・批判的なものへと発展します。近世の哲学者たちの中には自然科学の分野でも偉大な功績を残した人も多く、そこから主観・客観を中心とした認識論が巻き起こります。こうした議論は大陸合理論、イギリス経験論、そしてドイツ観念論といった様々な立場を生みだしました。

 

ルネサンス

ルネサンスとはフランス語で「再生」を意味します。イタリアでの人文主義、ヒューマニ… Continue Reading

コメントなし

デカルト

デカルトは、近代哲学の創始者ともいえる人物です。10歳のときからイエズス会のラ・… Continue Reading

コメントなし

ライプニッツ

ライプニッツは哲学者であり、歴史家、数学者、物理学者であり、そして外交官でもあり… Continue Reading

コメントなし

ロック

ロックは自然科学に興味をもち、大学では医学を勉強しました。そのため、物理学者のニ… Continue Reading

コメントなし

ヒューム

ヒュームは20代のころ、大著『人性論』を8年がかりで書き上げましたが、これは評価… Continue Reading

コメントなし

カント

カントは東プロイセンの首都ケーニヒスベルクに生まれ、生涯この地を離れることはあり… Continue Reading

コメントなし

ヘーゲル

ヘーゲルは1770年、シュトットガルトに生まれます。牧師を目指してテュービンゲン… Continue Reading

コメントなし